CASE STUDIES

藤原農産様@三重県

導入のきっかけ
小さい頃から農業へ“憧れ”がありました。
30歳での就農を目指して、JAに勤務しながら農業の勉強もしました。
当初、イチゴ栽培を検討しておりましたが、季節による仕事量の増減が大きすぎる点が懸念され、
“周年栽培且つ仕事量の平均化ができる作物”を探した結果、水耕栽培にたどり着きました。
導入の決め手
限られた土地を最大限に有効活用できる“スライド式栽培台”です。
また、普段から栽培管理で疑問点が生じた際、栽培担当の方に相談できるのがとてもよい点で、
大きな失敗をする前に対処でき、助かっております。他社と比較検討する中で、サポート体制がない会社もあったため、この点も決め手になりました。
お客さまの声
何より“作業が楽”です。液肥管理やハウス開閉が自動なので、
“肥料を足し忘れた!”や“ハウスを閉め忘れた!”などのヒューマンエラーを軽減できました。またしゃがんだり、腰を曲げたりしなくて良いので、作業効率もばっちりです!
導入から1年経過する今夏、新規就農者設定を受けたのち、秋を目途に2棟増設を検討中です!家族経営に切り替え、将来的には果菜類やキノコも含め、ハウス面積を1000㎡以上に増やす構想を持っています!
野菜の展開の仕方
地元の保育園や中学高校の給食でも、栽培した野菜を楽しんでもらっております!
栽培品種・商品紹介
小松菜ををメインで、水菜とレタスを栽培しております。
ほうれん草も試作中です!

Share